2016年06月30日

ムクドリ襲来!?

今年もコウゾの赤い実がたわわに実りました。

kouzo.jpg

コウゾは和紙の原料になるクワ科の植物。育てやすく、放っておいても元気に成長してくれます。

実は甘く食用になりますが、粘つきがあって人間はちょっと食べにくい。

つまり、鳥のご馳走にはもってこい。

先日、ムクドリが集団でコウゾの実を食べに来ました。
天気が悪いと虫を捕らえにくいのか、雨の日の訪問が多い気がします。
今回は集団で来られたので、あっという間に食べ尽くされてしまいました。

mukudori.jpg

シジュウカラよりも一回り大型の鳥です。
今後、ムクドリ用の大きめ巣箱も制作する予定です

シジュウカラ用の巣箱は、「Creema」「tetote」「minne」「iichi」で販売しています。


ラベル:
posted by ラマ舎 at 22:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

野鳥Loveになる『とりぱん』

巣箱を制作している身なのに、つい最近まで読まずにいたこのコミック…。

とりのなん子さんの『とりぱん』!

toripan.jpg
モーニング公式「とりぱん」サイト

岩手県在住のとりのさん(1巻目ではアラサー独身実家住み)が、バードウォッチングや田舎暮らしについてコミカルに描いているのですが、
やって来る野鳥の生態が、とにかく面白い!
鳥を庭に呼び寄せる方法も参考になります。

また、自然に馴染み、地に足ついた生活を送る作者の感性がとても好ましく、詩的な要素はアマゾンのレビューでもジュール・ルナールや志賀直哉、串田孫一などの作品に例えられるほど。

この作品を読んで、身近な自然と触れ合いたくなったら、はじめの一歩として巣箱の設営なぞいかがでしょうか?テヘヘ
ラマ舎の巣箱は、「Creema」「tetote」「minne」「iichi」で販売しています。





ラベル:
posted by ラマ舎 at 00:33| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

うちのモデル猫Aふくちゃん

キャットハウスの “ふくよかサイズ” 専用モデルを務める、ふくちゃん(6歳2ヶ月、♂)
試作品が気に入ってくれたようです。

fuku1.jpg

おっと入れない! 作り直しだ!
でも屋根が大きく開くから、とりあえずそこから入れたのでした!

fuku3.jpg

東京にいた頃は、どうしても外に出たがるのでリードをつけて散歩させていました。

fuku2.jpg

現在はタヌキやハクビシン、アライグマなどが出没する山の中で自由を満喫中です。

キャットハウスの完成品は、「Creema」「tetote」「minne」「iichi」で販売中です。





posted by ラマ舎 at 20:18| 神奈川 ☁| Comment(0) | キャットハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。